この度、弊社ではフリーキラZのマウスにおける急性吸入毒性試験(全身曝露)を株式会社薬物安全試験センターへ正式に依頼し、2020年8月21日に、その安全性に関するエビデンスを取得致しました。

 

試験の内容については、弊社製品フリーキラZを精製水を用いて50ppmに希釈し、弊社より提供した一般的な噴霧器を用いて、1日7時間の曝露を行い、その後14日間経過を観測しました。

 

結果マウスに異常は見られず、本試験結果において急性吸入毒性は認められませんでした。

 

弊社では日々弊社製品の安全性を証明するため、様々なエビデンスを取得し続けてきました。

次亜塩素酸水に関する噴霧について、安全性を疑問視する報道などがなされておりますが、弊社製品につきましては今回の試験結果を通じてより安全にご利用いただける事となりました。

 

これからも厚生労働省から認可を受けた製薬会社として、弊社製品及び微弱酸性次亜塩素酸水溶液を世の中の皆様に安心・安全にご使用頂くべく努力し続けてまいります。

 

何卒暖かいご支援の程、よろしくお願い申し上げます。